なんもない人が起業するためのサイト

地方起業は「興味」を持っている人間が強い(都会でも同じこと)

地方が「良い」、都会が「良い」は統計で出るけど、自分が何に興味を持っているかは関係ない

優秀な人ほど地方目指しているってのは統計取れてるわけではないんだろうけど、少しずつ地方で起業する人が増えているのは間違いないでしょう。また、地方で起業しようと思いついて実行できる人は優秀と言えるかもしれません。だからと言って、「東京で消耗してるの?」というどうしようもない煽りの理屈が通るわけではありませんが(笑)

地方に可能性を見つけられる人ってのは、地方に興味を持つ人です。地方の動き、人や事業に興味を持ち、起業の可能性を見出せる人が地方に行くべき人でしょう。ただの興味の問題で、深く知ろうとしたから可能性が見えるということです。東京に可能性を見出した人が悲観する問題でもないし、「地方なんかにチャンスがあるわけない」と否定して自分を擁護する必要もない。

悲しいのは自分が感じていることを尊重できない人です。「地方の方がいいのかな?」って興味もないのに足突っ込んだり、地方が好きなのに「狭い世界にいたくない」と都会にいることをステータスにしてしまう。これではいつまで経っても成長できません。自分の好きなことに対する知識や技術が身に付きません。

起業するのに地方が良いとか、都会が良いとかってのは統計的に色々あるとは思いますが、自分にとってどっちがいいかはまったく別の話です。一番お金が儲かるポジションに身を置きたいと考えたって、その業界事態に興味を持ってる人間に敵うはずがありませんからね。

どんなにマーケットが狭くても、広くても、興味を持っていることに手を出すべきです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ひるね@正直